6月1日は衣替え。
学校の制服やスーツも冬服から夏服に。
着物も裏地の付いた袷から裏地の付いていない単衣に変わります。
ただし、この地球温暖化。
暑かったり寒かったりが激しすぎる昨今、
特に着物を着ようという時には
「どうしようかな〜」と迷われる方が多いと思います。
そういう時にはあまり難しく考え込まずにすむ、
今頃(ゴールデンウィーク前後)の季節の 
軽〜い対処の仕方をお教えします。

その1 フォーマルなお席のとき
    
    なるべくカレンダー通りにして下さい。
    6月1日から単衣、帯揚げ、半襟などの小物も夏物に。
    それ以前でも「小物」の季節先取りはOKだそう。
    フォーマルなお席なので さりげなく初夏の爽やかさを演出して下さい。

    7月、8月は絽や紗などの「透けもの」となります。   
    9月に入ると単衣に戻ります。
    9月の秋分の日が衣替えで袷の着物に戻ります

    フォーマルというほどではないけれど、目上の方がご一緒の時なども
    同様に「カレンダー通り」が無難です。

    結婚式の場合は、フォーマルですが会場等によります。
    「夏物の留袖は豪華に見えない」「透けものは写真うつりが悪い」などの理由で
    「袷のままでお式」ということも多いです。
    留袖&紋付姿のご両親や打ち掛け姿の花嫁さんのために寒いほどクーラーをきかせてあることも。
    今 流行のガーデンウエディングなら、カレンダー通りで。    
    夏場の結婚式&披露宴に関しては、事前に主催者様に確認して下さいね。


その2 普段着、遊び着、町歩きなどのとき

    ご一緒するお友達にもよりますが、、、。
    5月でも25度以上の夏日でしたら単衣でも大丈夫。
    無理して汗まみれになるよりは、涼しい恰好をした方がスマートです。
    お友達でしたら「暑いから先取りで単衣!」で通してもらえると思います。
    (先取りしすぎての 透けものの絽や紗は6月に入るまでやめておきましょう。
    「紗合わせ」は単衣扱いですのでOK)
    単衣のときは小物も夏物にした方が良いかなと思います。

    6月に入って気温が28度以上になったら絽や紗を着ても大丈夫。
    柄にもよりますが、浴衣をキモノ風に着るのは
    6月の少なくとも後半に入ってからの方が無難かなと思います。
    7月に入ったら「ゆかたで町歩き」も。
    その際は必ず膝より長い丈のキモノ(浴衣)用肌着を付けて着て下さいね。
    ショーツの形がくっきりと後ろから見えるお嬢さんがたまにいらっしゃいます。
    巻き付けて着るものなので、ヒップラインがわかってしまいます。
    注意してあげたくても何といえばいいのか、、、
    目のやり場に困ってしまいます。

    9月でも、残暑なので単衣風に長襦袢を着てのゆかたなら大丈夫。
    同じように普段着であれば9月に入ってからも
    絽や紗、ちぢみなどの着物を着ている方が増えてきました。
    「だって暑いんだもん」
    が、通用する場所なら大丈夫だと思います。
    
    「秋祭りは ゆかた姿でOK」ということで、
    浴衣着用の境界線も昨今はゆるくなってきました。
    イベントなどでも9月まで浴衣を着る方が増えてきたように思えます。

    10月に入ったらさすがに浴衣、絽、紗などの透けものは仕舞いましょう。
    普段着でしたら単衣でも大丈夫だと思います。


ご存知の方には当たり前のことだとは思いますが、時々質問されるので書いてみました。
フォーマルは相手に敬意を払って、普段着なら自分の体調に合わせて。
四季がある日本ならではの習慣ですので衣替えも楽しみましょう。  


ふくねこ堂もぼちぼち夏物の準備。
単衣の着物に入れ替えはじめました。
半襟、帯揚げ、帯締めの夏物は置いてありますので、
お気軽にお問い合わせ下さい。
a0098635_17265907.jpg
そうそう、店長も夏用毛皮に変わる季節です。
良くも悪くも自動で抜け替わります。  



[PR]
# by fukunekodo | 2017-04-23 18:35 | 和の雑話いろいろ | Comments(0)

新装気分 

ようやく路地裏の工事が終わり、
以前と同じように石畳の路地へと戻りました。
a0098635_15123594.jpg
ここのところ冷たい雨が降ったり止んだりでしたが、
名残の桜もまだ咲いている模様です。
着物でのそぞろ歩きが丁度良い季節。
夜は冷えるので、羽織かショールをお忘れなく。
a0098635_15291228.jpg





[PR]
# by fukunekodo | 2017-04-13 15:29 | ふくねこ堂 情報 | Comments(0)

桜はまだかいな

開花宣言から一週間。
昨夜少し歩いてみたところ、今年の千鳥ヶ淵周辺の桜は 
まだまだ3分、4分咲きと言ったところでした。
例年になく ゆっくりです。
開花宣言されてから寒い日が続いたためか、
遠目にみてようやく霞んだピンクのような枝。
蕾は膨らみかけていますが、
ここのところの寒さですこし頑になっているのかも。
今日の雨で散ることもなく、来週に持ち越して咲いてくれると思います。

ごめんなさい。情報が誤っていました。
今年の 神楽坂をどり は4月15日(土)開催です。
桜は散り際か散ってしまうか、、、。
名残の桜と一緒に楽しめたらいいですね。
a0098635_20110399.jpg



[PR]
# by fukunekodo | 2017-03-31 20:11 | 神楽坂あれこれ | Comments(0)

今朝はとても寒く、東京でも小雪がちらついた場所もあった模様。
あまりの寒さに奥から重たいコートを取り出しました。
一週間程前のテレビの天気予報では、コートは仕舞っても大丈夫とか耳にしたのだけど、、、。
今年は極端にアップダウンする三寒四温です。
それでも、もう直ぐ桜の季節。
今夕末には見頃になるなんてニュース番組では言っています。
(今日のようなこともあるから、信じるのは半分だけですが)
桜の名所、九段の靖国神社〜千鳥ヶ淵は飯田橋駅から徒歩で回れます。
中央線沿いの市ヶ谷〜飯田橋のお堀の土手も桜の枝が見事です。
桜の下をぜひ着物で歩いて下さい。
美味しい神楽坂ランチを食べてから靖国神社と千鳥ヶ淵へ。
そんなプランはいかがでしょうか

弊店は、着物の着付けは午前の時間でも承っています。
2〜3日前に営業中の弊店にお電話下さい。
例えば〜朝の8時までに間に合うように、、、という御要望でも大丈夫です。
料金は2千円(振袖、留袖はのぞく)です。
昔のおばあちゃん的ナチュラルな着付けなので、苦しくはなりません。
お腹いっぱいまでごはんは食べられます。
ご来店お待ちしております。
a0098635_17551452.jpg

[PR]
# by fukunekodo | 2017-03-27 17:45 | 神楽坂あれこれ | Comments(0)

リサイクル着物を扱っていると時々古い着物や帯がでてきます。
第2次世界大戦以前のアンティーク着物、アンティーク帯と呼ばれている物です。
(本当のアンティークという定義は100年以上前の物なのだそうですが、
着物の古着屋さんでは慣習としてそう呼んでいます。
絹の着物や帯は100年経つとダメージが多すぎて着用には向かないからです。
茶道具を包む名物裂として作り直されているものもありますが、
それはプロの技で丁寧に仕立て直されているから使えるのです)

アンティークの着物や帯は可愛い柄が多いです。
日本人のほとんどの人が毎日着物を着ていた時代の物なので、
個性的で面白い柄のものがたくさんあります。
見ていてとても楽しいです。

ただ残念なことに、戦争前の日本人は細くて小さい体格でした。
そう、アンティーク着物や帯は小さく短い物が多いのです。

着物は身長が大丈夫なら、洗い張りして縫い直すことは可能です。
ぎりぎりまで裄を伸ばしてもらえば何とかなるかもしれません。
どうしても身長が〜ということでしたら、
帯で隠れる場所に布を継ぎ足すという方法や2部式の着物に作り替えるという方法も。
どうしてもその柄が好き!で着たいという方は着物をご持参の上ご相談下さい。

帯は長さもさることながら、腹紋とお太鼓の模様の位置が近い物が多いのです。
また、帯を結ぶ場所に力がかかったりすると絹のイタミが加速します。

年月を経て弱っている絹にあまり負担をかけず、帯の短さも何とか調整出来る方法。
たんすのこやしにして可愛い柄を時々眺めるだけ、、、ならば、
いっそ「作り帯」にしませんか?

そう考えて、作り帯講座をお試し開催することにいたしました。

3月 18日(土)19日(日)20日(月、祝)の3日間
12時30分〜18時30分のなかで 
(製作時間は1〜2時間が目安です)

ふくねこ堂の奥の部屋で少人数開講します。
1人1人に合った長さと方法での作り帯を提案いたします。

持ってくる物は 「作り直したい帯」といつも使っている「帯枕」「帯揚げ」。
作り帯の高さや具合を見るために帯枕と帯揚げが必要です。

針と糸、鋏など、その他必要な材料は用意してあります。

作り帯にかかる時間は、針仕事が得意な方、あまり得意ではない方、
とても丁寧な方など人によってまちまちです。
目安として1時間〜2時間と思っておいて下さい。

受講料は3000円です。
糸やマジックテープ、ひもなどの材料費はこれに含まれます。
要予約。
予約なしだとお待ち頂くこともございます。

予約、お問い合わせは〜〜
La Midinette(ラ ミディネット)
携帯 080−8476−8215
mail midinette.ir@gmail.com

上記の方にお問い合わせ下さい。
とても優しいお洒落な先生です。

秘蔵のアンティーク帯に日の目を見せてあげて下さい。
ジャスト自分サイズで、5分あれば帯を装着出来るようになります。
a0098635_19202906.jpg




[PR]
# by fukunekodo | 2017-03-07 19:28 | ふくねこ堂 情報 | Comments(0)

弥生、三月、お雛様



この間お正月と思っていたのにもう三月。
あっという間に日が経ってしまいます。
神楽坂のお店の中にお雛様が飾られています。
中には可愛い折り紙のお雛様も。
a0098635_18372201.jpg

まだまだ寒い日がありますが、
これを越えると、もう直ぐ春ですね。



[PR]
# by fukunekodo | 2017-03-01 19:51 | ふくねこ堂 情報 | Comments(0)

猫描き会、好評につき〜
2月25日(土)26日(日)も開催することにいたしました。
お誘い合わせの上「ウチの子」オリジナルグッズを作りにいらして下さい。
猫店長も張り切ってお客様のお越しをお待ち申し上げております。
a0098635_17212724.jpg





[PR]
# by fukunekodo | 2017-02-20 17:23 | ふくねこ堂 情報 | Comments(0)

今週、来週の土日は Mari-Qさんの 「猫描き会」を開催いたします。
2月11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)の4日間です。
営業時間と同じ12時30分〜18時30分まで。

全開好評でしたので、第2回の開催です。
シャツやジーンズ、帆布のバッグなどお持ち下さい。
衣類は洗い晒してある方が染料インクのペンのはしりがいい様子です。

お家のネコさんの似顔絵などを描きます。
シンプルな感じが良ければ線書きのシルエットなどでも大丈夫。
Tシャツなどはお好みの猫の居場所とポーズをご指定下さい。

画像はスマホでもコピー写真でも大丈夫です。
Mari-Qさんのオリジナルグッズも販売いたします。

弱気な店長猫のルイ2世がいますので、
実物のわんちゃんニャンちゃんの持ち込みはご遠慮下さい。
よろしくお願いいたします。
a0098635_20405787.jpg





[PR]
# by fukunekodo | 2017-02-10 20:41 | ふくねこ堂 情報 | Comments(0)

霙まじりの雨

a0098635_19064122.jpg
今日は霙まじりの雨でした。
冷たい雨なので人気もまばら。
寂しい神楽坂です。
店長もぼんやり。
お天気のいい日のご来店をお待ちしています。



[PR]
# by fukunekodo | 2017-02-09 19:07 | 神楽坂あれこれ | Comments(0)

一月ももう終わり

一月ももう終わり。
そして、2月3日(金)は節分。
今年も毘沙門天さんで豆まきがある様子。
豆まきのあと、夕方からお神楽(江戸神楽)が
鳥茶屋さんをはじめ、老舗の料理屋さんを回ります。
昔ながらのいろいろな曲芸と獅子舞。
笛や三味線太鼓の音が聞こえます。
〜キモノ姿で神楽坂をそぞろ歩いてみませんか〜
そう誘ってみたくなる
普段の神楽坂とはちょっと違う、節分の一日です。

a0098635_17295743.jpg

お獅子?のような店長
[PR]
# by fukunekodo | 2017-01-31 17:30 | 神楽坂あれこれ | Comments(0)

小春日和

昨日、一昨日と寒い日が続いたあと
本日は風も緩んで、日差しも暖か、小春日和。

着物を着たご婦人方のお散歩日和と思える一日でした。
最近やんちゃな猫店長ですが、
本日は暖かいので文句が少ないです。
何日かこんな日が続いてくれるといいですね。

冬の普段着はホクホクした真綿紬がお勧めです。
手紬の感触が見た目にも心にも暖かい感じです。
紬のキモノ、帯はいろいろありますのでお店でお尋ね下さい。

店長もぬくぬくねんねです
a0098635_18414793.jpg

[PR]
# by fukunekodo | 2017-01-17 18:42 | ふくねこ堂 情報 | Comments(0)

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
a0098635_163451.jpg

[PR]
# by fukunekodo | 2017-01-02 16:01 | ふくねこ堂 情報 | Comments(0)