カテゴリ:きものコーディネイト( 8 )

秋の贅沢

今年はなかなか秋晴れの日が来なくて残念です。
実りの秋、芸術の秋、スポーツの秋。
いつもの年は秋晴れの高い澄んだ空が素敵な季節なのに
今年は何とも。
それでも、雨の合間に素敵な着物でそぞろ歩きをして頂きたいです。
a0098635_19254498.jpg

贅沢にも秋専用の小紋。
秋草の細い線は全て手描きです。
萩、桔梗、藤袴、女郎花、葛、すすき、撫子、
菊と牡丹が彩りを添えています。
秋だけの贅沢小紋は着物だからこそ。
奇をてらった柄ではないので
毎年帯や小物を替えて楽しめます。
a0098635_19351538.jpg

[PR]
by fukunekodo | 2016-10-11 19:35 | きものコーディネイト | Comments(0)

クリスマスの着物3

クリスマスイベントに!
いろいろ弊店の帯を組み合わせてみました。
a0098635_1902688.jpg

何を合わせてもクリスマスになってしまいそうな帯!
a0098635_1931559.jpg

同じ着物でもがらっと変わってしまいます。
a0098635_194349.jpg

帯締めもからし色にすると少し渋く、赤系にすると華やかに。
a0098635_1955678.jpg

かご入り店長!
[PR]
by fukunekodo | 2013-12-07 19:05 | きものコーディネイト | Comments(0)

クリスマスの着物2

師走なのですけれど、
弊店は今のところのんびり。

クリスマスの着物シュミレーションその2です(笑)
a0098635_19414275.jpg

切り嵌めの帯がゴージャスで可愛いのです。
a0098635_19411664.jpg

着物はシンプルな飛び柄小紋。
帯揚げ、帯締めも華やかに。
a0098635_1944780.jpg

お魚にかぶりつきの店長!!

お手持ちの御着物を持ってきて頂けるとシュミレートしやすいです。
お気軽にご相談下さい。
[PR]
by fukunekodo | 2013-12-05 19:46 | きものコーディネイト | Comments(0)

師走です。
今年もあと一ヶ月足らず。
何かと慌ただしい年末に突入です。

今年は異常気象もあり、
なかなか着物で楽しむ機会が少なかったり。
ちょっとお遊びでコーディネートしてみました。

a0098635_19182562.jpg

a0098635_19174697.jpg


着物はポリエステル。
帯は洒落袋です。
モノトーンなので小物でアクセントを付けて。

a0098635_1922195.jpg

店長もロブスターでクリスマスカラー???
[PR]
by fukunekodo | 2013-12-04 19:23 | きものコーディネイト | Comments(0)

今年の秋はいきなり寒くなりました。
紅葉も急な寒さで鮮やかに色づきはじめています。

去年御好評いただいた
和洋兼用コートが出来上がって参りました。
全て手作り一点物です。
同じものはありません。
a0098635_1827154.jpg

キモノにも洋服にも大丈夫なロング丈コート。
羽織ってみて動いて頂いた方が分かって頂けると思います。
a0098635_18273049.jpg

襟から肩にかけてのラインがすっきりしています。
これで『着ぐるみ』にも『てるてる坊主』にもなりません!!
和装コートでしゃれたものをお探しの方に
ふくねこ堂が自信を持ってお薦め出来るコートです。
a0098635_1905734.jpg

お気軽にのぞきに来て下さいね。
[PR]
by fukunekodo | 2012-10-31 19:00 | きものコーディネイト | Comments(0)

カランコロン

お祭りの提灯がついて、阿波踊りの音楽が流れています。
もうゆかたと下駄の季節です。
ゆかたもクラシックな型染めや絞りに注目が集まっています。
ゆかたや着物も職人さんの『仕事』が見直されるようになってきました。
足下もお洒落なヴィンテージ下駄(1950年代〜1970年代)はいかがでしょうか?
職人さんが普通にきちんとしたものを作っていた時代のものです。
a0098635_1842462.jpg

今ではあまり見かけない二重鼻緒の塗り下駄、下のグリーンに写っている鼻緒は実は玉虫色です。
歩くと下駄裏に塗られた紅い色がちらりとのぞきます。
素足でも足袋をはいても・・・・
品がいいのに色っぽいお洒落な下駄です。
a0098635_18584824.jpg

[PR]
by fukunekodo | 2009-07-12 18:56 | きものコーディネイト | Comments(0)

ゆかたを売っていて良く尋ねられます。
「ゆかたって洗えますか?」
「木綿ですので洗えます!」
と、いうわけで楽々お手入れ方法。

『ゆかた』の洗い方です。

ゆかたは手あらい、水洗いがベストです。
私の場合はお風呂場で浴槽を使って洗いますが、たらいとかを持っていらっしゃる方はそれでどうぞ。
折った状態のまま、水を張った浴槽に浸し押し洗いします。
洗剤は無くても大丈夫です。
気になるしみ等を取りたい時は中性洗剤で。
「白さが輝く〜」タイプの洗剤を使ってしまうと布の風合いがイマイチになってしまいますのでラベルをよくご覧になってご注意を!

押し洗いのあとは軽くすすぎます。
折ったままの形で水シャワーが便利です。

そのあと糊をつけるかどうかはお好みですが、のりを付けたい時は浴槽に水を張って糊を溶かします。糊液にゆかたを浸します。

軽くすすいだら軽く押し絞りをして(ぎゅっとななめに雑巾絞りにはしないこと!)
真っ直ぐ竿か着物ハンガーにかけます。

濡れたゆかたの形を整えます。
袖などはきちんと真っ直ぐになるようにしてくださいね。
日陰で干してください。

気になる方は生乾きの時に軽くアイロンをしてください。
アイロンをぎゅうぎゅうかけるとテカったりぺったんこになるのであまりしっかりかけないほうが良いと思います。
きちんと形を整えればアイロンなしでも大丈夫です。
また、絞りのゆかたはアイロンは厳禁です!
せっかくの絞りが伸びてしまいます〜
同じ理由で普通のクリーニング屋さんに出すのも心配です。

綺麗に乾いたら整えながら畳みましょう!

ネットに入れて洗濯機で水で「ソフト洗い」という手もありますが、特に「脱水」は生地が捩じれてしまうので止めましょう!
竿や着物ハンガーにかける時にしっかり形を整えてください。
(洗濯機にすると生地がよじれることが多いので、かえって手洗いの方が楽という理由はここにあります)
塗れたまま竿にかけても綺麗に乾きます!

ゆかたのお洗濯は以外と簡単ですので試してみてくださいね

a0098635_19494081.jpg

[PR]
by fukunekodo | 2008-07-17 19:50 | きものコーディネイト | Comments(0)

桜も散ってなたね梅雨です。
草木が芽吹き始めたこの時期の雨は植物にとっては恵みの雨。
軒先のパンジーが雨に打たれながらもたくさん花をつけています。

雨なので、お客さんを待ちながら冬物の片付けを始めました。
道行きコートや厚地の羽織を片付けて、単衣やゆかたの準備を始めています。
え、ゆかた!?と、思われる方もいらっしゃると思いますが・・・。
ご覧になってください。
a0098635_2350365.jpg

厚地のゆかたを単衣の綿着物としてあわせてみました。
名古屋帯も木綿帯です。
ゆかたっぽくない柄なので単衣の綿着物として着ても違和感はないと思います。
a0098635_23542259.jpg

もう少し大人っぽい色の組み合わせはこちら。
江戸小紋風の柄なのでこれからの季節に涼し気です。
こちらは粋な縞の絹帯です。

扱いも簡単な綿着物としてのゆかた。
違和感なく着て歩けるポイントは「小紋のような柄」であること。
柄と帯の選び方で気軽にお洒落を楽しんでみてください。
半襟も楽しく選びたいですね。
毎年、温暖化のおかげで半袖のシャツで歩いているゴールデンウイーク。
街歩き用にゆかたははとても便利です。
お手入れも簡単ですしね。
[PR]
by fukunekodo | 2008-04-19 00:03 | きものコーディネイト | Comments(0)