2018年 04月 05日 ( 1 )

夏に向けて「小千谷ちぢみ」お誂えしてみませんか?
a0098635_18334905.jpg
ご存知の方の方が多いとは思いますが、
まず「小千谷ちぢみ」の説明をいたします。

夏向けの麻の繊維で出来ている生地です。
古事記や日本書記の時代から麻は日本で自生していました。
(今使われているのは品種改良された麻です)
麻は湿気がこもらず、風が通り抜けて行く素材です。
高温多湿な日本の夏にとても快適な繊維です。

麻なので基本的には紬と同じ「普段着」ランクの着物となります。
(結婚式やお茶席に着て行ける「正装」にはなりませんよ〜という意味です)

麻なので自宅で手洗い出来ます。
アイロンは出来ればかけないでください。
麻の繊維がつぶれることになります。
ちぢみの特徴でもある細かい波状の皺も潰れます。
どうしてもとりたい皺があるときはスチームで。
もともと日本にあった素材なので、お手入れもこのように楽々です。
(着物ですので、肌着、夏用長襦袢等は普通に必要です。夏用の秘密兵器?なアイテムもあります)

今時分ご注文頂ければ、透けものの季節には出来上がって来ると思います。
御興味がある方はお気軽にお問い合わせ下さい。
a0098635_18471971.jpg


[PR]
by fukunekodo | 2018-04-05 18:52 | ふくねこ堂 情報 | Comments(0)