今年の春は気温の変動が激しいですね。
寒い日のあとに25度近い夏日、
また平年並みの18度くらい、、、。
お年寄りでなくても疲れてしまいます。
洋服でも何を着ていいかわからなくて
タケノコのように重ね着をして、
暑かったら脱ぎ 寒かったら羽織る。

着物もどうしよう〜とお客様に尋ねられたりします。
着付けの先生の本を読んだり、着付師の友人に尋ねたりして、、の回答です。

まず、正装、礼装の場合は暦通りに従った方が無難です。
(衣替え 6月1日から単衣→7月から透けもの→9月1日から単衣→9月秋分の日のあとから袷)
先生がいたり冠婚葬祭などのちゃんとしたお席はトラッドに。
(ホテルや式場の結婚式のみ一年中袷の場合あり)
後々のトラブルや誤解を防ぐ意味でもトラッドにしたほうが良いかな〜と思います。
(あとから写真を見て1人で夏物で写っていたりすると、、ね)

街歩きなどの普段着は その日の天気予報を見て決めれば良いと思います。
それでも4月、5月中は夏日でも単衣のほうが違和感が無いかなと思います。
(透けものだと早過ぎ感が、、、)
外からは見えない肌着と長襦袢で微調節しましょう。
単衣用の便利グッズもいろいろ出ていますのでご相談下さい。

猫店長は自然に抜け替わるから悩まなくていいの。
a0098635_19303061.jpg








[PR]
by fukunekodo | 2018-04-13 19:31 | 着付け教室 | Comments(0)